トップページ > テンプレートについて

テンプレートについて

このテンプレートについて

今回テンプレートは、このサイトのテンプレートと同じものを含め、
MT5(MTOS5)用に4つのテンプレートを用意しましたが、

テンプレート1 テンプレート2 テンプレート3 テンプレート4

4つの違いは、画像とスタイルシートのみです。
その他は、まったく同じもの(共通)です。

ですので、テンプレートの後からの変更も簡単です。
仮にテンプレート1を使用していて、途中からテンプレート4に変更をしたいと思えば、
画像をアップロードして上書きして、スタイルシートのみ、
テンプレート4のものに置き換えをすれば、

その時点ですぐにテンプレート4が反映されるわけです。

ですので、どのテンプレートにしようか迷われた場合は、
さしあたりどれでも良いですので、まずテンプレートを設置して、
先に設置及び必要な設定を済ませてしまって、

後からゆっくりと、タイトル画像を選んだり、
どのテンプレートにするかを決めたりすれば良いと思います。

また、枠線の色を変えたり、サイズを変えたりということも、
スタイルシートを変更するだけですので、あまり迷わずにテンプレートを設置しましょう。

テンプレートの設置については、
このサイトのテンプレートの設置についてのページを参考にして下さい。

テンプレートの設置方法

テンプレートの設置方法について説明をします。

テンプレートのフォルダを開くと、1~4のいずれも、10個のファイルと、
1つのフォルダが入っています。

10個のファイル
メインページ スタイルシート アーカイブインデックス カテゴリ別ブログ記事リスト ブログ記事
サイドバー サイドバー1 サイドバー2 ナビゲーションメニュー 検索結果
1つのフォルダ
image

テンプレートについて話をしたときに伝えたとおり、
上記のうち、スタイルシートとimageフォルダ以外は、1~4ですべて共通です。

テンプレートの設置方法は、10個のファイルをMT5(MTOS5)の管理画面の
デザイン、テンプレートのページで、該当するものをすべてテンプレートのものに
書き換えをするだけです。

たとえば、メインページならば、メインページという文字をクリックし、
テンプレートの編集ページで、メインページのHTMLをすべて削除してから、
テンプレートのメインページの内容をコピー&ペーストすれば良いわけです。

この際に、Ctrlキー+A(すべてを選択)、Ctrlキー+C(コピー)、Ctrlキー+V(ペースト)
のショートカットキーを使うと便利です。

まずテンプレートの内容をCtrlキー+Aですべて選択して、Ctrlキー+Cですべてをコピー、
その後に、MTのメインページでCtrlキー+Aですべて選択した後に、
Ctrlキー+Vで、テンプレートの内容をすべてペースト(貼り付け)してやれば、
テンプレートの内容が書き換えできます。

書き換えが済んだら、下のほうにある「変更と保存」ボタンをクリックします。
この要領で、10個すべてのファイルを書き換えをします。

ただし、サイドバー1、サイドバー2、ナビゲーションメニューの3つについては、
元々のページに存在しませんので新規に作成をする必要があります。

新規に作成をするには、テンプレートモジュールのところの、
「テンプレートモジュールを作成」という文字をクリックして、
今回のテンプレートの内容を貼り付けして、名前をサイドバー1のように付けて、
下のほうにある「保存」ボタンをクリックするだけです。

この際に、名前を打ち込み間違えると反映しませんので、
(たとえば、サイドバー1の数字の1は半角の1です。全角では駄目です)
その点は注意をして下さい。

10個のファイルすべてを貼り付けできたら、後は、imageフォルダを、
FFFTPを使って、サーバーのブログのindexファイルのある場所と同じ場所に
アップロードをしてやれば、テンプレートの設置は完了です。

後はテンプレートの各所をあなたのサイトに合わせて若干修正するだけです。

また、imageフォルダのアップロードは、FFFTPを使わなくとも、
MTの管理画面で画像を1つずつアップロードしても構いません。
その際にはサイトパスをimageに指定してやる必要がありますが、
管理画面でアップロードをしても、同様にテンプレートの画像の内容は反映されます。

尚、テンプレートの書き換えとimageフォルダのアップロードが終わったら、
サイトを再構築することをお忘れなく。
再構築をしないと、デザインが反映されません。(記事を投稿すれば反映されますが)

テンプレートの調整1

今回のテンプレートを設置したら、あなたのサイトに合うように、
調整をしましょう。まずは、最初の調整です。

メインページとアーカイブインデックス、後はカテゴリ別ブログ記事リスト
のテンプレートをを調整します。

メインページのテンプレートの調整
メインページのテンプレートでは、
・タイトルタグ
・メタタグのディスクリプション
・メタタグのキーワードを調整します。

タイトルタグ
設置した段階では、以下のようになっています。
<title><$mt:BlogName$></title>
これでは、ブログタイトルと同じ内容がタイトルタグになっていまい、
SEOの観点から、あまり良くありません。

本来ブログタイトルはh1(見出し)ですので、タイトルと同じでないほうが望ましい。

ですので、
<title>あなたのブログにふさわしいキーワードを意識したタイトル</title>
を手打ちでタイピングして変更をして下さい。

メタタグのディスクリプション
設置した段階では、
<meta name="description" content="サイトの説明文を記述して下さい" />
となっていますので、「サイトの説明文を記述して下さい」の部分を
あなたのサイトの説明になるように書き換えをして下さい。

メタタグのキーワード
設置した段階では、
<meta name="keywords" content="キーワード,キーワード,キーワード,キーワード" />
となっていますので、この例のように半角のカンマ「,」で区切り、
あなたのサイトで狙いたいキーワードに変更をして下さい。
キーワードの数は3つから10個程度が良いと思います。

アーカイブインデックス
アーカイブインデックスも、メインページと同じく変更をして下さい。
メインページと同じでも構いませんが、理想で言えば若干違うものにして下さい。

SEOでは基本的に1ページごとにキーワードなどが変わることが望ましいので、
メインページと同じ要領で変更をして下さい。

カテゴリ別ブログ記事リスト
設置した段階では、メタタグのキーワードが以下のようになっています。
<meta name="keywords" content="キーワード,キーワード,キーワード,キーワード" />
これもメインページと同様の要領で変更をして下さい。

理想で言えば、メインページやアーカイブインデックスとは若干違うキーワードを
入力して下さい。

カテゴリ別ブログ記事リストでは、
メタタグのディスクリプションは以下のように、
<meta name="description" content="<$mt:CategoryDescription$>" />
となっており、これはカテゴリの説明文が自動的に反映されますので変更不要です。

ここまでが、サイトのトップページ、カテゴリページ、記事ページ
及びサイトマップ(アーカイブインデックス)の調整です。

まず、ここを最優先に変更をして下さい。

ブログ記事のテンプレートについては、
メタタグのディスクリプションは概要欄の内容か、概要欄が空欄の場合は、
記事の冒頭部分が表示されるようにカスタマイズ済みですし、
メタタグのキーワードは記事投稿時(記事作成時)にキーワード欄に入力をした
キーワードが表示されるようにカスタマイズ済みですので、変更不要です。