トップページ > 記事投稿について

記事投稿について

記事投稿の際の初期設定

MT5(MTOS5)では、そのまま記事投稿をすると、
記事のアドレス(URL)に作成年月が反映されます。

http://mtos5.hokage.biz/cat1/2010/03/post.html

のような感じになります。

ですので、テンプレートの「ブログ記事」のアーカイブパスを、
yyyy/mm/entry-basename.html
から
category/sub-category/entry-basename.html
または、
category/sub-category/entry-basename/index.html
に変更をしておきましょう。

アーカイブパスを変更するには、テンプレートのページで、
「ブログ記事」という文字をクリックするとブログ記事のHTMLが表示されます。
(テンプレートの編集ページ)

HTMLが表示されたページの下のほうにある
「テンプレートの設定」と言う文字をクリックすると、
アーカイブマッピングとして、上記のようなアーカイブパスを変更できる部分が
表示されますので、プルダウンメニューから上記のいずれかを選んで下さい。

ちなみに、
category/sub-category/entry-basename.html
と、
category/sub-category/entry-basename/index.html
の違いは、アドレスの最後が、
first.htmlのようにhtmlという表示で終わるか、first/のように/で終わるか?
の違いになります。このサイト(MTOS5.01ブログ制作ガイド)では、
この記事の最後はfirst/のように/で終わっていますね。

つまり、
category/sub-category/entry-basename/index.html
を採用しています。
どちらを使うかはあなたの好みで選んで下さい。

また、規定のカテゴリならばcatとか記事ならばpostのように自動的に
与えられるアドレスが嫌な場合は、カテゴリ作成時に各カテゴリの出力ファイル名を、
記事作成時には各記事の出力ファイル名を個別に指定して下さい。

ただし、出力ファイル名を個別に指定する場合は、
同じカテゴリで同じ記事の出力ファイル名を使わないように、
つまり、ダブりのないように注意をして下さい。

最後に、URLの日本語化をする場合、cj中嶋さんと沖さんの林の巻を使う人は、
マッピングについてはマニュアル通りにして下さい。
ただし、
MTEntryPermalink
MTCategoryArchiveLink
この2つを検索して指定のものに置換するようになっていますが、
MT5(MTOS5)では、
MTEntryPermalink
MTCategoryArchiveLink
ではなく、
mt:EntryPermalink
mt:CategoryArchiveLink
というタグに代わっていますので、ご注意下さい。

特にテンプレートを利用する場合、
両者が混在することもありますので、
EntryPermalink
CategoryArchiveLink
を検索して置換したほうが無難でしょうね。

記事投稿の際の初期設定2

記事を投稿する際には、あらかじめカテゴリを作っておきましょう。

このサイトと同じテンプレートを使う人は、

あらかじめカテゴリの順番が設定できるように、cutfirstcharを3桁で設定しているので、

カテゴリを作る際には、100カテゴリ名のように半角数字で3桁の数字を頭に入れます。

 

001ではなく100とか010にしたほうが、

後々間にカテゴリを入れたい場合に、150や015のように間の数字を入れられますので、

100や010のような数字を入れておいたほうが良いです。

 

ちなみに数字が小さいものがカテゴリの並び順は先になります。

 

また、記事投稿の際には、キーワードも必ず入力をして下さい。

このテンプレートでは記事ページのキーワードは、記事投稿の際に入力をしたキーワードが

反映されますので、キーワード入力を忘れると、

記事ページのメタタグにキーワードが入りません。

 

もちろん、キーワードは後から入れても構いませんが。

 

そうして、記事投稿の際にキーワードが入力できるように、

右上にある「表示オプション」という文字をクリックして、

タグ、概要、キーワード、カテゴリを表示するようにしておきます。(必ず)

 

記事ページのメタタグのディスクリプションは概要の内容が表示されますが、

これは概要に入力をしない場合は、記事の冒頭部分が入りますので、

面倒でしたら入力をしなくとも構いません。

 

タグは必要ならば入力して下さい。タグクラウドを使う人は入力して下さい。

記事投稿時の注意点

記事を投稿する際は、フォーマットにも注意をして下さい。

デフォルト(規定の状態)では、フォーマットがリッチテキストになっています。

 

フォーマットは記事を書くフィールドの右上にありますので、確認をして下さい。

 

リッチテキストで文章を入力すると、改行がこのページのように

大きく間が空きます。(現在リッチテキストのフォーマットで入力しています)

 

記事投稿の際の初期設定

 

と比べて頂くと、改行の際の行間が広いことがわかりますね?

 

ですので、両方を比較して、好みのレイアウトのほうを使って下さい。

 

そうして、

記事を投稿する前には、このテンプレートと同じテンプレートを使っている人は、

・キーワードが入力されているか?

・カテゴリが選択されているか?

・概要欄に入力はされているか?(任意です)

・タグは入力されているか?(任意です。キーワードをコピペで同じものでも良いです)

・出力ファイル名は正しく入力されているか?

 

以上を必ずチェックして下さい。

特に、キーワードはページのメタタグ要素に使われますので必須ですし、

出力ファイル名を変更している人は、

出力ファイル名が勝手に変更される場合がありますので、

(タイトルに半角英数字が入ると出力ファイル名が変わります)

注意をして下さい。